世田谷区奥沢のアサクラハウス 新築・リフォーム・耐震補強・防犯対策・かしこいECO・塗装・防水いろいろご相談ください

バルコニーのクラック発生の原因を改修しました

鉄骨造4階建ての賃貸マンション

入居入れ替えの内装工事で来たところ

バルコニーの出隅部分に細いクラックが入っていることに気がつきました

1週間経たない内にそのクラックが広がってきました

T1.JPG

それからあまり日が経たないのに角のタイルが剥がれ落ち始めました

T2.JPG

近くに寄って見ると

下地のモルタル層が剥がれそうになっています

この時点でビルのオーナー様に連絡をしました

T3.JPG

このバルコニーの天端のアルミ製の笠木のジョイント部分に雨除けのプレートが入っていません

簡単に手すり内に雨水が浸入してしまいます

更にパルコニー下端は意匠の為に付けられた鉄骨がシーリングされていて

中に入った雨水の排水を妨げています

T4.JPG

緊急工事でバルコニーの手すりの外壁を解体しました

鉄骨胴縁には薄べニアが張られていますが

メタルラスとの間に防水のルーフィングが張られていませんでした

木製の下地は腐食していました

モルタルとタイルの重量ょ支えることができなくなり

手すり壁の崩壊が始まっていました

解体は簡単にできました

事故が起こる前に着手できて良かったです

T5.JPG

鉄骨胴縁に6mmのワイヤーメッシュを溶接しました

T6.JPG

ワイヤーメッシュにリブラスを結束します

T7.JPG

これでモルタル下地のリブラス張りは完了です

T8.JPG

軽量のラス専用のモルタル材を使用しました

T9.JPG

施工面が曲面なので荒塗りと仕上げ塗りの2工程になりました

T10.JPG

既存と類似のタイルを貼りました

既製品で対応できない場合は特注でタイルを焼くこともあります

その時はタイルの製作期間がかかります

T11.JPG

バルコニーの下端には排水を考慮した防水のシーリングをしました

T13.JPG

バルコニー天端のアルミ製笠木のジョイント部分には雨水が入らない様に

ブリッジシーリングを厚めに施工しました

T14.JPG

これで一安心ですね

シーリングは応急的な処置なので

大規模な修繕の時にアルミ製のジョイントカバーの取り付けをお勧めしたいと思います

 

今回の出来事は建物の壁の崩壊による落下事故を未然に防ぐことができました

他の部分も同じことが起こる可能性があります

定期的な点検はとても重要です

建物の維持管理は緊急性がある場合

コストがかかります

計画的なメンテナンスで対処できるように

オーナー様にメンテナンスの計画を提案したいと思います