世田谷区奥沢のアサクラハウス 新築・リフォーム・耐震補強・防犯対策・かしこいECO・塗装・防水いろいろご相談ください

浴室のリフォームのテーマは健康と安全でした

高齢のお客様から浴室のリフォームの依頼がありました

 

ub1.1.JPG

建物の1階の北西の角に位置する浴室

一番冷え込みが強い場所です

窓や外壁から浴室の温かさがどんどん逃げていきます

 

ub1.2.JPG

キャンペーンの期間中でしたので断熱パックのサービスを利用しました

お風呂・床・壁などのプランはショールームでアドバイザーの説明を聞きながら決めました

いろいろあるので、カタログではたいへんです

 

ub2.1.1.JPG

いよいよ解体工事です

解体しながら土台等をチェックしました

 

ub2.1.2.JPG

隅部にある窓は単板ガラスです

これでは窓際の寒さは解消できません

浴室仕様の断熱窓に取り替えることにしました

 

ub2.4.6.JPG

既存の窓枠を利用したカバー工法です

取付は簡単です

 

ub2.4.7.JPG

隠れる部分ですが気密性も大切です

しっかりシーリングしました

 

ub2.2.1.JPG

外壁に入れる断熱材です

 

ub2.2.2.JPG

この断熱材の効果はリフォーム後の快適さとエコに貢献することでしょう

 

ub2.3.1.JPG

メーカーで魔法瓶と称する浴槽です

断熱材で包まれています

お湯が冷めるのを防ぎます

 

ub2.3.2.JPG

キャンペーンの特典の断熱パックです

床・壁・天井をすっぽり断熱材で包まれる

床のパネルは工場で断熱材を付けていました

 

ub2.3.3.JPG

天井のパネルは現場で断熱材を貼る設定でした

 

ub2.3.4.JPG

壁のパネルも現場で組み立てる直前に断熱材を貼りました

 

ub2.3.5.JPG

ユニットバスの組立です

き゜りぎ゜りいっぱいのサイズなのですべて内側からの施工です

 

ub3.2.1.JPG

ユニットバスの組立完了です

 

ub3.3.2.JPG

換気扇は暖房機付です

専用に分電盤から1回路を取りました

 

ub3.1.3.JPG

浴室仕様の断熱窓

複層ガラス 

室内側は樹脂製の枠

スムースに動きます

 

ub3.3.3.JPG

床は冷たさを感じないほっからり床

タイルみたいに冷たくて硬くないので素足に優しい

 

断熱材の効果で今までの浴室の様に寒さを感じなくなりました

怖いヒートショック対策はこれで安心です

 

tpoint2.jpg

→安全対策

サーモバス・サーモタイルで快適浴室にリフォーム

1.P5310166.JPG

長年お使いの浴室をリフォームして欲しいとのご要請でした

 

3.P8220039.JPG

浴槽はサーモバス

手すり付きで底は滑りにく様になっています

高齢になっても使いやすい浴槽を選択しました

5.P8220042.JPG

室内いっぱいの浴槽の大きさなので搬入は大変でした

6.P8220048.JPG

なんとか浴槽が収まりました

P8200056.JPG

ステンレス製の浴室の排水溝はタイルの大きさに合わせて取り替えました

P9060370.JPG

150角のタイルがきれいに収まりました

P8280151.JPG

節水タイプのシャワーバーのシステムを取付けました

P9080180.JPG

サーモタイルとサーモバスに取り替えてエコで快適な浴室にリフォームをしました

階段下の洗面脱衣室をリフォーム

P5310217.JPG

洗面脱衣室 階段下の空間のため洗濯機と衣類乾燥機もあってちょっと狭い感じでした

 

P9040305.JPG

 

LIXILのルミシスの洗面化粧台をご用意しました

室内の寸法に合わせてオーダーしました

 

P9170263.JPG

 

窓からの通風と採光も利用して鏡を取付けました

室内の空間にゆとりを感じるリフォームをしました

→続きを読む

マンション浴室の水漏れの改修工事

 

築年数の古いマンション

浴室からの水漏れで下階に迷惑をかけています

浴室が使えなくなりました

 

0.0PC240967-thumbnail2.jpg

浴室を解体して驚きました

過去に2回も防水改修の跡がありました

 

1.0P7150255.JPG

防水工事の確認のため24時間の水張り試験を行いました

下階の協力が必要です

1.P7260324 - コピー.JPG

水漏れがないことを確認してから次の工程に入ります

3.P7260340 - コピー.JPG

天井裏も確認しました

5.P7260378 - コピー.JPG

今はユニットバスが主流で最近は行われなくなりました

浴槽の設置

2.P8020014.JPG

 

既製品の排水トラップを改造して直接配管で排水します

4.P8040098.JPG

ここで浴槽に水を溜めて一気に排水する試験を行いました

 

 

天井裏も確認しました

 

11.P7270085 - コピー.JPG

これで安心ですね

10.P7270119.JPG

次の工程に進めることができます

下階の方の協力に感謝です

7.P8040114.JPG

 

タイル下地を作ります

9.P8050006.JPG

浴室のタイル仕上げ 

 

 P8060005.JPG

床はサーモタイルを貼りました

P9090006 - コピー.JPG

完成です

 

 

 

賃貸 3点式ユニットバスの取替工事

築25年 特に築30年を超えてご使用のユニットバスは壊れる前に取替をお奨めしております

特に賃貸物件は利用しているお客様に大きな不便をかけてしまいます

P2070188.JPG

鉄骨造の4階

ユニットバスは3点式

手前にある鉄骨の柱と流し台に囲まれています

 

P2240019.JPG

 

ユニットバスは3点式

リフォーム用がありません

間仕切りの壁を大きく壊さないとユニットバスの取り替えはできません

 

P3080027.JPG

浴槽と洗い場が一体のアンダーパネルの搬入が大変です

 

P3090012.JPG

 

 

ユニットバスの組み立て

P3090014.JPG

コンパクトな3点式ユニットバス

トイレと洗面がセットです

P3090021.JPG

間仕切り壁の下地

入り口の枠は無垢の樹脂製

丈夫で水に強い

P3100002.JPG

壁下地ができました

 

P3200068.JPG

内装工事を仕上げて完成です

 

 

→水まわりに最適なリフォームフロア

マンションの据え置き型の浴槽のひび割れを直す

築40年を超える分譲マンションの浴槽の底にひび割れが発生

取り替えをするのが一番適切な方法ですが

大がかりな工事になってしまうので

樹脂の補修の技術で補修をしました

01自.JPG

ひび割れは30cmぐらいありましたが押してもずれないのでこの補修方法にしました

場合によっては補強材を挟む工法もあります

02自.JPG

 

浴槽の底にガラスクロスとFRPクロスを3層に貼り付けて補強

 

05自.JPG

補強した部分にポリパテを塗ります

肌触りの為、何回もサンディングします

 

03自.JPG

 

浴槽用の塗料は強溶剤系のウレタン樹脂なので排気ダクトを設置します

 

04自.JPG

 

浴槽の底を下吹きします

ここで更に肌触りの為に表面を調整します

 

06自.JPG

塗装完了

浴槽の廻りにシーリングをします

07自2.JPG

 

 

 

 

 

 

お風呂を愛する国のバスルーム LIXIL SPAGE

システムバスルーム スパージュ

SP010.jpg

お風呂を愛する国のバスルーム

SPAGE

SP011.jpg

肩湯を楽しむ・・・

SP012 - コピー.jpg

打たせ湯を楽しむ・・・

SP012 - コピー (4).jpg


全身 たっぷりお湯を浴びる・・・

SP012 - コピー (3).jpg

アクアシアター32型ワイド

SP012 - コピー (2).jpg

スパージュおすすめプラン

肩湯・打たせ湯・オーバーヘッドシャワー

SP013 - コピー.jpg

肩湯・ベンチカウンター

SP013 - コピー (4).jpg



ドレスカウンター

SP013 - コピー (4) - コピー.jpg

SPAGE×LUMISIS

SP013 - コピー (3).jpg

lixil_top_slide-04.jpg




 

 

 

壊れたユニットバスの修理

賃貸物件が空き室になったのでオーナー様の依頼で点検しました

 

236.JPG

 

良く見たらユニットバスの浴槽に穴が開いていました

至急、写真を撮ってオーナー様を通じて不動産屋さんに連絡です

 

239.JPG

 

ユニットバスの修理と取り替えの見積もりをしましたが

 

やはり取り替えはコストががかかります

本来なら経過年数から取り換えがベストな選択です

ユニットバスの修理をすることになりました

何しろ17年間使われていたので石鹸の汚れと湯垢がものすごい

そぎ落とすようにクリーニング

便器、水栓もピカピカになりました

 

194.JPG

 

ここから専門の業者の登場です

全体の下地調整を丁寧に行います

穴はポリパテで下埋め

 

267.JPG

 

ガラスクロスを貼って補強しました

 

278.JPG

271.JPG

 

ここでしっかり塗装前の最終調整を丁寧に行います

312.JPG

 

ユニットバス専用のウレタン塗料を吹き付けします

 

315.JPG

 

強溶剤の臭いがこもらないように強制排気します

事前に近隣の方にはご了解をいただいております

 

塗装が終わったら一日養生します

ここで最後の仕上げをして肌触りをよくします

 

016.JPG

 

完成です

新品の様になりました

 

017.JPG

 

 

 

鉄筋コンクリート造のマンションなのにタイルの異常な剥がれを補修する

鉄筋コンクリート造のマンションの浴室の壁のタイルがせりあがる様に浮きだしています

オーナー様からの要請で現場を確認したら異常な様子

単にタイルの接着不良ではないと思いました

そこでマンションの管理会社にお願いして図面を借りました

1階は在来工法の浴室で2階はユニットバスの設計でした

そのため1階のコンクリートの間仕切り壁の内側にコンクリートブロックで空間を調整している事が解りました

3.11の東北の地震でこのコンクリートブロックの壁が弾んで左右から力が加わった事が解りました

タイルの接着不良部分は打音検査で詳細に調べました

507 - コピー.JPG

ここから予想される工事を全て積算した見積もりをオーナー様に提出しました

慎重にタイルを剥がしてみるとコンクリートブロックは正常に積んであり縦と横の鉄筋も確認できたので壁の中央付近でその後ろにあるコンクリート壁にアンカーを打ちこみコンクリートブロックの縦と横の交差する部分でアンカーを固定しました

これでタイルの下地の壁のパウンドを完全に止める事ができました

もしかしたらコンクリートブロックの壁も解体と積み直しも必要かと見積もりしていましたのでこの工程を削除しました

これで工期の短縮と工事費用の低減も出来ました

開けてみないと解らない工事だったのでお施主様のご理解に感謝です