世田谷区奥沢のアサクラハウス 新築・リフォーム・耐震補強・防犯対策・かしこいECO・塗装・防水いろいろご相談ください

オーナー様のルーフバルコニーをウレタン防水で改修しました

築20年を超えるマンションの大規模修繕工事

マンションオーナー様の専用ルーフバルコニーと言うことでウレタン防水工事の仕様を設定しました

 

下地調整

高圧水で洗浄します

f001.JPG

 

素地調整

防水面をカチオンセメントでしごきました

f002.JPG

  

プライマー塗布

接着力を上げるために素地面に浸透させます

f003.JPG

 

既存のエキスパンション目地材を撤去してウレタンを充てんします

f004.JPG

 

通気シートを貼ります

建物内から発生する水分を逃がすシステムです

ウレタン防水が膨れない様に通気層を作りました

f005-1.JPG  

 

脱気筒取付・立ち上がり部メッシュ補強貼り

f005-2.JPG

 

改修ドレン取付

既設のドレンの内側に縦樋までバイパスする配管を組み込みます

f006.JPG

 

立ち上がり部専用ウレタン塗布

粘性土の高い立ち上がり用のウレタン主剤で補強のメッシュを塗りこみます

通気シートとラップさせて切り付け部の補強をしました

f007.JPG

 

ウレタン主材1層目塗布

f008.JPG

 

ウレタン主材を規定量塗布します

f009.JPG

 

ウレタン主材2層目塗布完了

オルタックスカイの特徴は1層目と2層目の色が異なるため塗布が解りやすい

f010.JPG

 

トップコート塗布

普通のウレタン防水改修工事はここで完了となります

f011.JPG

 

ウレタン防水専用の歩行板貼り

ウレタン防水層の保護と透水性のある厚い歩行板でバルコニーの快適性と美観性アップ

防水改修後、雨上りの不快感 滑りやすさを解消します

f012.JPG

 

これで完了です

 

f013.JPG

 

 

 tpoint2.jpg

 

 

 

 

 

 

→続きを読む

バルコニーのクラック発生の原因を改修しました

鉄骨造4階建ての賃貸マンション

入居入れ替えの内装工事で来たところ

バルコニーの出隅部分に細いクラックが入っていることに気がつきました

1週間経たない内にそのクラックが広がってきました

T1.JPG

それからあまり日が経たないのに角のタイルが剥がれ落ち始めました

T2.JPG

近くに寄って見ると

下地のモルタル層が剥がれそうになっています

この時点でビルのオーナー様に連絡をしました

T3.JPG

このバルコニーの天端のアルミ製の笠木のジョイント部分に雨除けのプレートが入っていません

簡単に手すり内に雨水が浸入してしまいます

更にパルコニー下端は意匠の為に付けられた鉄骨がシーリングされていて

中に入った雨水の排水を妨げています

T4.JPG

緊急工事でバルコニーの手すりの外壁を解体しました

鉄骨胴縁には薄べニアが張られていますが

メタルラスとの間に防水のルーフィングが張られていませんでした

木製の下地は腐食していました

モルタルとタイルの重量ょ支えることができなくなり

手すり壁の崩壊が始まっていました

解体は簡単にできました

事故が起こる前に着手できて良かったです

T5.JPG

鉄骨胴縁に6mmのワイヤーメッシュを溶接しました

T6.JPG

ワイヤーメッシュにリブラスを結束します

T7.JPG

これでモルタル下地のリブラス張りは完了です

T8.JPG

軽量のラス専用のモルタル材を使用しました

T9.JPG

施工面が曲面なので荒塗りと仕上げ塗りの2工程になりました

T10.JPG

既存と類似のタイルを貼りました

既製品で対応できない場合は特注でタイルを焼くこともあります

その時はタイルの製作期間がかかります

T11.JPG

バルコニーの下端には排水を考慮した防水のシーリングをしました

T13.JPG

バルコニー天端のアルミ製笠木のジョイント部分には雨水が入らない様に

ブリッジシーリングを厚めに施工しました

T14.JPG

これで一安心ですね

シーリングは応急的な処置なので

大規模な修繕の時にアルミ製のジョイントカバーの取り付けをお勧めしたいと思います

 

建物の定期的な点検が必要です

マンション共用廊下・階段の快適性・安全性の向上 専用の防滑性ビニル床シートで資産価値アップ

マンションの共用廊下・階段
タフな防滑性ビニル床材で快適性・安全性を向上させる専用のシートでリフォーム

 

安全性・快適性

階段における安全性確保は雨水で滑りにくくすることと見やすい段差のデザイン

耐摩耗性は『インレイド構造』で重歩行環境でも色や柄が消えにくいのでいつまでも美しい

 

PC240971.JPG

 

衝撃音吸収性

深夜の『コツコツ』と言う靴音を軽減

 

建物の維持管理に貢献します

マンション専用の防滑性ビニル床材は防水性があります

紫外線・直射日光にも強い完全屋外仕様OK!!

シートの防水性と周辺の防水処理で廊下・階段の劣化から保護します

 

マンションの修繕工事 廊下のシート貼り

 

fR001.JPG

 

床面を下地処理

高圧水で洗浄

 

fR002.JPG

 

廊下周辺の立ち上がり部分を防水します

下地処理のプライマーを塗布します

 

fR003.JPG

 

ひび割れ等は防水材で補修します

 

fR004.JPG

 

ウレタン防水 主材1層目塗布

 

fR005.JPG

 

ウレタン防水  主材2層目塗布

 

fR006.JPG

 

ウレタン防水 トップコート塗布

これで床シート周辺の防水工事は完了です

 

fR006-2.JPG

 

鋳物ドレン金物塗装

ノンエポタールで高耐久の黒ペンキ材を塗装しました

 

fR007.JPG

 

マンション廊下シート貼り

床シートを貼る部分の下地調整

ケレン・清掃をします

fR008.JPG

 

マンション廊下専用の床シート貼り

 

fR009.JPG

 

溶接接合

シート材のつなぎ目は溶接接合をします

 

fR010.JPG

 

端末シーリング

床シートの端末は専用のシーリング材で防水します

これで完成です

 

PC240974 - コピー.JPG

 

 

→続きを読む

マンションの雨漏れを調査しました

マンションの雨漏れの調査報告が大手ゼネコンと大手塗装会社からありました

 

o0800060013261010305.jpg

 

両社とも外壁の窓まわりのひび割れから雨漏れの原因と報告がありました

 

修繕委員からの依頼で当社も独自の雨漏れ調査を行いました

 

o0320024013260794023.jpg

 

サーモグラフィで確認すると外壁の窓まわりのひび割れから雨漏れが起きていません

 

P330072401.JPG

 

窓枠の残っている雨漏れのシミの跡から外壁のひび割れは関係が無い事が分かりました

 

P330072701.JPG

 

クレセントを締めてもすき間が8ミリあります

これでは窓に吹き付ける風雨に耐えられません

雨漏れの原因は窓の建付けでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 


貼るだけで玄関ドアがリフレッシユ!! 素早く・簡単・きれいに・長持ち 

貼るだけで玄関ドアがリフレッシュ!!

素早く・簡単・きれいに・長持ち

いまお使いの玄関ドアにシートを貼るだけでリフォームが一日でできます

早くて、お得で、長持ち、もちろん綺麗に仕上がります

IMG_0001.jpg

 

マンションからアパートの玄関ドアのリフォームに最適です

 

IMG_0002.jpg

 

塩ビ鋼板ドアも塗装鋼板ドアにもシート貼りができます

IMG_0002.jpg

接着シート貼り施工なので、玄関ドアの美観を回復します

フッ素加工シートは汚れがつきにくく、お手入れが簡単、長持ちします

 

高級感のある仕上がり

玄関を格調高くスタイリッシュなデザインにできます

新接着剤により曲面追従性が向上

プレスドアの凹凸部分も綺麗に貼れます

塗装の様な色むら、刷毛むらのない均一の仕上がり

 

施工は短時間

簡単な下地処理後、既存のドアにシートを貼るだけのスピード施工 

塗装の様に乾かす時間が不要なため、施工後すぐにごしようににれます

 

キズや汚れに強い

フッ素加工だから汚れがつきにくく水や中性洗剤で簡単におそうじ

また5年以上の耐候性能を有していますので丈夫でキズもつきにくい

日焼けにも強いので美しさが長持ちします

 

いろいろなドアに対応

素材面はもちろん表面デザインやサイズなどの玄関ドアには実に様々な特徴があります

その様な多様なニーズ答えるフィルムを用意してあります

 

施工時間はわずかに一日です

IMG_0003 - コピー.jpg

サンプル

IMG.jpg

 

 

 Before

PA120266.JPG

After

PA120309.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

排水管は高圧水で洗浄メンテナンス

築年数が古くなった建物の排水管は詰まりやすくなります

特に若い女性が多い居ると詰まりやすさは他の建物より頻度が高くなります

トラブルが起きる前に排水管を高圧水で洗浄のメンテナンスをお勧めします

FF001.JPG

 

高圧洗浄は特殊なエンジンを搭載した車輛で行われます

 

FF002.JPG

 

高圧水の水圧の設定は排水管の管径と建物の築年数を考慮します

あまり高すぎる水圧は建物の排水管に負担が強すぎることもあります

 

FF003.JPG

 

事前にご連絡をして建物内部に立ち入らさせていただきます

流し台の洗浄です

 

FF004.JPG

 

必ずトラップの排水管を確認します

臭気止めのゴムを取り替えました

 

FF005.JPG

 

洗面化粧台は高気圧も併用してトラップの内部を押し出しします

 

FF006.JPG

 

洗濯機の排水管の洗浄です

糸くず等で詰まりやすい場所です

 

FF007.JPG

 

ココが詰まると下階にも大変な迷惑がかかります

自動洗濯機はどんどん排水するので確実に洗浄をします

 

FF008.JPG

 

ユニットバスの他に在来の浴室の排水の洗浄もしました

鋳物のワントラップは腐食していたので交換しました

 

FF009.JPG

 

排水管の中が詰まっていたので逆流しましたが

水圧で綺麗に汚れが取れました

 

FF010.JPG

 

これは当社オリジナルのオプション工事です

20年以上ご使用の便器の排水管のトラップ内の塊を薬剤で溶解します

特にこれは初めての投与でしたので 繰り替えて2回行いました

これも定期的なメンテナンスは効果的になります

便器が詰まったら大変です

 

FF011.JPG

 

建物内部の排水管の高圧水の洗浄が終わったので

外構の排水管の洗浄です

建物から道路へと排水升を開けて流していきます

このメンテナンスの頻度は建物の使われ方と築年数で異なります

詳しくは調査の上、ご提案いたします

 

 

 

 

 

太陽に強い 水に濡れても滑りにくい 階段が見やすくて安心 高級感がマンションの資産価値アップの階段専用シートでリフォーム

築年数が20年を超えるマンションの大規模修繕

階段の快適性と安全 美しさを向上させる

階段専用シートのリフォーム

太陽に強くて 快適・安全の遮音・防滑性階段用床材

 

施工する面 すべてを高圧水で洗浄しました

K001.JPG

 

階段のノンスリップタイルを打音検査で浮き具合を確認しました

 

K001-1.JPG

 

今後、安心できる様にノンスリップタイルは全て斫り取りました

 

K002.JPG

 

今迄欠けたり・浮いたりしていたノンスリップタイルは全て撤去したので安心ですね

 

K003.JPG

 

超速乾のモルタルで斫り取った部分を調整します

 

K004.JPG

 

鉄骨階段の塗装をするために下地調整

サンダー等でケレンしました

 

KT001.JPG

 

下塗り/錆止め

 

2液のエポキシ樹脂塗料で防錆処理をしました

 

KT002.JPG

 

上塗り 仕上げ塗装

2液のウレタン樹脂で鉄部を保護塗装しました

 

KT003.JPG

 

階段専用床材の施工です 

 専用の接着剤を段鼻入隅部に塗布します

 

PC190609.JPG

 

階段専用 遮音・防滑性床材を貼ります

 

K006.JPG

 

シート端部を専用のシーリング材で防水します

 

K007.JPG

 

これで完成です

階段の段差が解りやすいデザインはとても安心

 

K008.JPG

 

高耐久で長寿命

インレイド構造で 優れた耐久性と長期に渡って美しい床面のシート

摩耗しても表面と同じ色柄層が厚いので同じ柄が出てきます 

防滑性

水に濡れても滑りにくい表面構造

超重歩行のシート

衝撃音遮断性

靴音の『コツコツ』が気にならない

超耐候性

 紫外線・直射日光に強い!!

 

安全性

階段の段差が見えやすいデザインで安心

建物資産価値アップ

美しい床面で建物のイメージアップ

 

→続きを読む

ビルのメンテナンス 快適さも改修工事の仕様に検討しました

3.11の東北の震災で関東地方のビルも影響がありました

外壁にひび割れが発生したり、タイルが割れたり、建具の調整が必要になったり

長期の修繕の計画も調整が必要になりました

経済的に建物を管理するためには、過去の修繕の経歴の確認と建物の現況を調査して修繕のサイクルをビルオーナー様に経済的に管理できるように、アドバイスします

この建物は鉄骨造ALC壁タイル仕上げ

取り急ぎ屋上のスラブの防水のトップコート塗り ウレタンの主材はまだまだ大丈夫です

最上階にオーナー様の身内が住んでいるので高耐久・高熱反射の材料を提案いたしました

下階の室内温度上昇を抑える材料でエアコンの負荷が減ってECOな工法

施工にかかる工賃は同じなので、材料の差額で暮らしやすい環境が作られるメリットは高い

高耐久な仕様は次の工事間隔も伸ばすことができます

 

 

P8090024 - コピー.JPG

P8100075 - コピー.JPG

 

パラペットの笠木廻りのシーリングの劣化が激しいので 仮設足場を使わないで施工するため、外側のシーリングは打ち増し 

P8090041 - コピー.JPG

その他鉄部の発錆が進んでいるところに防錆の下地調整して上塗りを1回

これも次回の大規模修繕まで保つ設定です

P9080196 - コピー.JPG

特殊連窓アルミサッシの修理と調整

築15年のマンションを管理する大手ゼネコン系の管理会社からの依頼でテラスに通じる折れ戸と片開き扉のアルミ連窓サッシの開け閉めの具合を改善することになりました

 

P7120168.JPG

 

大きくて重たい折れ戸の開け閉めの動きが悪くなっています

 

P7120170.JPG

 

 

TOSTEM ウイングオープン

 

P7120194 - コピー.JPG

 

 

これ以上無理に開け閉めを続けると壊れるかもしれません

 

 

P7250088.JPG

 

建具のゆがみが動きを悪くしています

左側の吊元の建具が落ちています

 

P7250107 - コピー.JPG

 

折れ戸の吊元側のクリアランスが広がっています

 

P7250105 - コピー.JPG

 

戸当たり側のクリアランスと明らかに異なります

建具の調整が必要です

 

P8300054.JPG

 

メーカー専属の修理を行いました

 

P8300072 - コピー.JPG

 

折れ戸の吊元側の軸受けのビスが挫滅しています

 

P8300076 - コピー.JPG

 

メーカーは対策のすべりワッシャーを用意していました

 

P8300081.JPG

 

重い建具の動きに対応するビスの取り替えです

 

P8300092 - コピー.JPG

 

引手を兼ねたレバーハンドルも壊れていました

 

P8300096.JPG

 

建具の調整をしたら開け閉めが楽にできるようになりました

 

P8300102.JPG

 

プリーツ網戸も調整しました

 

P8300140.JPG

 

吊元側のクリアランスは正常になりました

 

P8300110 - コピー.JPG

 

戸当たり側と同じクリアランスになりました

 

P8300109 - コピー.JPG

 

これで修理は完了です

 

P8300142.JPG

 

作業は半日で終わりました

 

 

 

雨漏れを見つける

5月の記録的な大雨の日に

築20年を超える鉄骨ALCのビルディングの出窓に雨漏れが起きました

単なる雨降りの日には雨漏れが起きなかった

建物の外側を目視による調査を行いましたが

なかなか雨漏れが起きそうな場所が見つかりません

そこで 建物のオーナー様とテナント様の了解を得て

晴天の日に雨漏れを人工的に起こす散水試験をやってみました

a004.JPG

 

 

人工的な雨漏れで迷惑がかからない様に

室内を養生しました

a003.JPG

とりあえず雨漏れが起きた真裏に強く散水試験をしましたが

雨漏れはおきません

a006.JPG

散水試験のポイントを少し上げましたが

ここも漏れません

a010.JPG

更に散水試験のポイントを上げたら

雨漏れを再現できました

近づいてよく見たら髪の毛の太さぐらいのクラック

これでは解らないですよね

a011.JPG

 

念の為、他の部位にも散水試験をやりましたが雨漏れがおきませんでした

これで雨漏れの原因が特定できました

 

散水試験でも原因が見つからない時は想像の世界に入ってしまうので一安心しました