世田谷区奥沢のアサクラハウス 新築・リフォーム・耐震補強・防犯対策・かしこいECO・塗装・防水いろいろご相談ください

ビルのメンテナンス 快適さも改修工事の仕様に検討しました

3.11の東北の震災で関東地方のビルも影響がありました

外壁にひび割れが発生したり、タイルが割れたり、建具の調整が必要になったり

長期の修繕の計画も調整が必要になりました

経済的に建物を管理するためには、過去の修繕の経歴の確認と建物の現況を調査して修繕のサイクルをビルオーナー様に経済的に管理できるように、アドバイスします

この建物は鉄骨造ALC壁タイル仕上げ

取り急ぎ屋上のスラブの防水のトップコート塗り ウレタンの主材はまだまだ大丈夫です

最上階にオーナー様の身内が住んでいるので高耐久・高熱反射の材料を提案いたしました

下階の室内温度上昇を抑える材料でエアコンの負荷が減ってECOな工法

施工にかかる工賃は同じなので、材料の差額で暮らしやすい環境が作られるメリットは高い

高耐久な仕様は次の工事間隔も伸ばすことができます

 

 

P8090024 - コピー.JPG

P8100075 - コピー.JPG

 

パラペットの笠木廻りのシーリングの劣化が激しいので 仮設足場を使わないで施工するため、外側のシーリングは打ち増し 

P8090041 - コピー.JPG

その他鉄部の発錆が進んでいるところに防錆の下地調整して上塗りを1回

これも次回の大規模修繕まで保つ設定です

P9080196 - コピー.JPG