世田谷区奥沢のアサクラハウス 新築・リフォーム・耐震補強・防犯対策・かしこいECO・塗装・防水いろいろご相談ください

台風で屋根が壊れました タフでエコな金属瓦でカバー工法 住んだまま、素早く、経済的に屋根のリフォームをしました

 

金属瓦平葺きのカバー工法で屋根をリフォーム

 

台風で屋根が壊れています

 

P91703901.JPG

 

築年数が古い木造家屋

屋根下地の野路板が弱くなっいました

激しさが増すばかり台風がくりかえしやってきて屋根が大きく壊されました

壊れた屋根をカラートタンで応急処置をしました

勾配が強い屋根なので仮設足場を組んでから屋根のリフォーム

住んだまま工事を行いました

 

P9270294.JPG

 

防水のルーフィングを着色セメント瓦の上に敷きます

これで屋根のリフォーム後の信頼性がとても強くなります

 

P9270320.JPG

 

金属屋根瓦材の平葺き

塗装ガルバリウム鋼板

軽量で施工性がとてもいい屋根材です

 

P9280346.JPG

 

雪止めの取付もしました

遮熱・塗膜は15年保証の仕様です

太陽熱を吸収しにくい遮熱塗料は高耐久で屋根裏の温度上昇を抑えます

平葺きの一文字のシルエットが屋根の表情をとてもセンスのいいものになります

 

 

 tpoint2.jpg

 

 

 

 

→続きを読む

木造屋根のリフォーム (重いセメント瓦⇒コロニアル瓦)

1.JPG

 

築年数40年を超える木造アパートの屋根です

セメント瓦が葺いてあります

この補修用の瓦を調達することができなくなりました

そこで屋根の全面吹き替えを行いました

 

2.JPG

 

アパートは2棟が繋がっているところに複雑なトタンの捨て谷が入っていました

 

3.JPG

 

既存のセメント瓦を下ろす前に

瓦の落下防止用のネットを張りました

 

4.JPG

 

いよいよ既設のセメント瓦を下ろします

 

5.JPG

 

アスファルトルーフィングが現れました

この下地は杉板なので踏み抜かない様に細心の注意が必要です

 

6.JPG

 

いよいよ新しい材料を荷揚げします

屋根専用のリフトを使用しました

 

7.JPG

 

野地板は厚さ12mmの構造用合板です

 

8.JPG

 

構造用合板の野地板を張ります

軒先は垂れ下がった垂木をコンパネビスで固定して引き上げます

 

9.JPG

 

野地板を張りました

建物がガッチリ固まった感じが実感できます

これで屋根の水平方向の強度はかなり増しました

 

10.JPG

 

防水用のルーフィングを敷き詰めて工事の初日は終わりです

予定通りに工事が進みました

実はこの日の夜に京浜急行が二日間も止まる大雨が降りました

この大雨に防水のルーフィングだけで雨漏れが起きないことが確認できました

 

思わぬところで屋根工事の信頼性が保証されました

 

11.JPG

 

コロニアル瓦を荷揚げしました

作業中に荷揚げしたコロニアル材が落下しない様に桟木を仮固定します

 

12.JPG

 

周辺の立ち上がり壁に水切りのトタンを差し込みます

 

13.JPG

 

雪止めも付けてコロニアル瓦を葺いています

 

14.JPG

 

コロニアル瓦葺きが完了しました

 

15.JPG

 

屋根のリフォームは終了です

新規のコロニアル瓦は既存のセメント瓦より軽いので屋根が軽量化しました

構造用合板の野地板で水平方向の強度アップも含めて

地震に対してかなり強い建物に変わりました

コロニアル瓦はシルバー色を選んだので屋根の遮熱性も期待できます

エコな屋根になりました

 

 

16.JPG

改修用ジョリパットの外壁リフォーム

2階建ての木造戸建て住宅

外壁はジョリパットのコテ仕上げ

先日の3.11の地震で細かいひび割れも入りました

ジョリパットの風合いを残したまま色替えができる塗装改修工事

アイカ工業株式会社 改修用ジョリパットフレッシュ

特徴 

● ジョリパットの質感がよみがえる

● 高親水性塗膜により汚れの付着を防いで、美観を長期間保ちます

● ローラーで施工ができます

● 豊富なカラーバリエーション 

 

下地調整 高圧水による洗浄で汚れ、ホコリ、強度の落ちた塗膜を除去します

 

1003.JPG

 

材料  下地調整のシーラー

 

1001.JPG

 

材料  下塗り・上塗りのジョリパットフレッシュ

 

1002.JPG

 

調査  塗装面の調査 細かいひび割れを見つけます

1004.JPG

 

下地調整 付着強度を上げるシーラーを塗布します

 

1005.JPG

 

下地調整 細かいクラックを補修します 仕上がり感にも注意するのがコツです

 

1006.JPG

1007.JPG

 

下塗り  吸い込みの激しい塗装面なのでかなりの塗布量になります

 

1008.JPG

 

上塗り  ローラーを使って上塗り 骨材入りなので他の塗装材に比べるとシックな仕上がり感になります

 

1009.JPG

 

完成  新築の様なジョリパットならではの仕上がり感がよみがえります

     骨材入りで上質な風合いの仕上がりはペンキ特有のテカリの有る仕上がりとは大違いです

     材料も進化して汚れが付きにくくなっています

 

1010.JPG

 

 

 

 

 

 

 

屋根のトップライトのガラス交換

屋根の葺き替え工事の現場のお隣から屋根の点検の依頼がありました

 

P2230259.JPG

 

良く見たらトップライトのガラスが割れています

保険会社に申請をして保険対応で進めました

 

 

 

h10.jpg

 

h326.jpg

 

 h09.jpg

h07.jpg

 

P7040068.JPG

 

屋根の上では作業がはかどりません

 

P7040071.JPG

 

ガラスのパネルをバルコニーに移動しました

 

P7040076.JPG

 

防水材がしっかり充填しているので割れたガラスの取り外しはとても大変でした

 

P7040082.JPG

 

既存と同じ複層ガラスを特注して取り替えました

 

P7040092.JPG

 

屋根の上なので防水の処理は特に大切です

これで完了です

 

P7040095.JPG

 

 h05.jpg

保険申請で修理しました

保険に必要な書類をご用意いたします

保険申請の代行をしました

h9865.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→屋根のメンテナンス 

屋根の点検 無料で行います

最近、記録的な雨が降ったり風が吹いたり

屋根には今まで以上に厳しい条件に耐えなくてはなりません

木造の建物の屋根は木材が下地になっています

夏の炎天下や長年の風雨

屋根は特に過酷な状態にさらされています

20年を超える建物は経年経過の劣化で

屋根の構造が衰えています

今まで風に揺さぶられて

板金を止めている釘が抜けかけている事もあります

 

143 - コピー.JPG

 

写真はとても強い風でコロニアル屋根の棟押えトタンの板金が外れていました

屋根から飛ばされた板金が隣の公園に落ちていました

原因はトタンを止めている部分の下地の杉板が腐食して壊れていました

釘が効かない状態でしたので

下地の木材を取り替えて板金の復旧をしました

 

138 - コピー.JPG

 

残っている棟押えの板金を点検して

釘固定の補強をして繋ぎ目のシーリングをしました

 

 

20年を超える屋根は点検をお勧めします

無料で点検をいたします

 

コロニアル瓦葺き屋根の点検 瓦の補修と屋根専用塗装の保護のメンテナンスを行いました

築20年を超える木造住宅

屋根の点検わ行いました

屋根はコロニアル瓦葺きで過去に1度屋根塗装をしてあります

雨漏れの履歴がありません

※ 雨漏れがある場合は屋根の葺き替え等をお薦めします

屋根には太陽熱利用のタンクが設置してあります

 

コロニアル瓦の点検と旧塗膜の調査を行いました

 

yn001.JPG

 

コロニアル瓦の欠け又は割れているものがありました

 

yn002.JPG

 

破損しているコロニアル瓦を取り替えます

関連する周囲も仮に取り外します

 

yn003.JPG

 

コロニアル瓦の下地のルーフィングが傷んでいる部分は増し張りをしました

 

yn004.JPG

 

次は屋根の塗装工程となります

 

yn005.JPG

 

高圧水で塗装面の洗浄と水圧に耐えられない旧塗膜を剥離します

 

yn006.JPG

 

屋根の専用塗料です

弱溶剤系の屋根専用シリコン塗料

関西ペイント スーパーシリコンルーフペイント

当社の実績のある塗装材です

 

yn006-2.jpg

 

シリコン塗料とと言っても水性もありますが

その性能の差は違います

塗装の手間は同じですが塗料は実績のあるものを選んでおります

 

 

yn006-3.jpg

金属部分には下塗りの2液のエポキシ樹脂の錆止めのプライマーを塗付しました

棟押さえトタンのつなぎ目のシーリングも打設しています

 

yn007.JPG

 

屋根専用塗料の下塗り

素地の調整と上塗りの付着力の効果を上げます

 

yn009.JPG

 

上塗り1回目

弱溶剤系の屋根専用シリコン塗料をローラー塗りで塗付量も多くしております

 

yn010.JPG

 

上塗り2回目

ローラー塗りで2回塗ります

メーカー指定の塗装工程を行いました

 

yn011.JPG

 

塗装完了です

これで屋根材の保護ができました

 

 

 

 

 

 

 

 

お住まいへの塗り替えポイント

IMG_塗替え.jpg

ーーーーお住まいへの塗り替えポイントーーーー

 

外壁

   かびや汚れが付着している

   ひび割れがある

   塗料が色あせている

   タイルが汚れている

 

屋根

   かびや汚れが付着している

   錆びている

   塗料が色あせている

   トタンが浮いている

   スレート板(屋根板)が浮いている

 

破風板・鼻隠し

   腐食している

   塗料が色あせている

   剥がれている

 

窓枠・水切り・面格子

   ひび割れすキズがある

   塗料が剥がれている

   錆びたり、腐食している

   ガタツキやソリがある

 

塀・門扉

   ひび割れや破損がある

   かびや汚れが付着している

 

   塗料が色あせたり、剥がれている

 

電話 屋根・外壁 無料診断いたします 電話

 

P1000242 - コピー.JPG 

 

極端に安い見積もりには訳がある

強風で壊れた雨樋を丈夫な雨樋に取り替えました

小高い土地に建つ築20年を超える木造住宅

強風で雨樋が壊されました

kd001-1.JPG

 

屋根の点検で雨樋の取り替えも提案しました

 

kd001-2.JPG

 

足場を組んで雨樋の取替をお薦めしました

 

kd003.JPG

 

既設の雨樋を撤去しました

木製の軒先の幕板の塗膜が劣化していました

木部の腐食はありませんでした

 

kd004-1.JPG

 

傷んだ塗膜をケレンしました

 

kd004-2.JPG

 

既設の雨樋の支持穴をシーリングして下地調整は完了です

 

kd006.JPG

 

雨樋が無いので木部の塗装はしっかりできました

 

kd007.JPG

 

見積もり当初は上吊りタイプの支持金物を予定しておりましたが

オーナー様が近くの大木の落ち葉が雨樋に詰まるとおっしゃるので下から支える支持金物に変更しました

ステンレス製の支持金物は間隔を450mmにしました

 

kd008.JPG

 

軒樋の出隅部分は以前はつながっていましたが分離しました

外壁の面ごとに雨樋の縦樋を分けました

これで雨樋は強風で揺さぶられてもストレスに強くなりました

 

 

 

 

 

 

隣に迷惑をかけない後付雪止めで安心リフォーム

今年の大雪は今迄無かったものでした

当社もあの大雪の後にいろいろなことでお客様から工事のご依頼を請けました

屋根の上に1週間も積もった雪は昼間融けて夜また凍りました

氷の塊となった雪が落ちて落ちた先のものを壊しました

雨樋の被害も多かった

この物件も 6寸勾配のガルバリウム鋼板の屋根です

怖いほど急な屋根です

そこに後付の専用の雪止めを取り付けました

P4130003.JPG

 

板金の専用の雪止めです

メーカーは新潟県の燕市にあります

雪国で作られたもので頑丈な作りです

 

P4130013.JPG

 

急こう配なので屋根専用の靴を履いてもとても怖いです

屋根専門の職方ならではの仕事です

 

P4130011.JPG

 

屋根の軒先近くと

屋根の中央付近の二段 取り付けました

 

P4130018.JPG

 

これで安心ですね 大きな塊が一度に落ちることはなくなります

 

 

20年以上前に被せ瓦で大改修をした大屋根のメンテナンス

屋根の点検を依頼されました

元々コロニアル瓦葺きの大屋根に被せ瓦の工法で20年以上前に大改修が行われていました

 

 

m001.JPG

 

屋根材の取り付けは今もしっかりとしていますが

波型スレート材の被せ瓦の表面は20余年の経年劣化で傷んでいます

 

m002.JPG

 

波型スレートの瓦の表面はカビ、藻で汚れています

経年経過の劣化で表面に剥がれ、ひび割れ、欠け等もあります

 

m003.JPG

 

細かいひび割れはこれ以上放置できない状態です

 

m004.JPG

 

この瓦は補修用に調達することができません

大屋根葺き替えは大がかりな工事になってしまいます

そこで超耐候水系フッ素樹脂屋根塗料で保護塗装をお薦めしました

 

m017.jpg

 

水系フッ素樹脂の屋根塗料は他の屋根塗料材より耐久性が高いのでとてね安心です

 

m018.jpg

フッ素樹脂は太陽光の紫外線や風雨に対して大変強い塗装材です

 

m021.jpg

 

下地調整 高圧水洗浄

 

m006.JPG

 

トルネード型のヘッドを付けたノズルで高圧水の洗浄を行います

カビや藻の汚れを洗浄しながら、らせん状の高圧水で波型の瓦の脆弱な表面を剥離しながら洗い流します

 

m007.JPG

 

塗装面の脆弱な部分が高圧水で剥がされました

 

下塗り 素地調整

専用のプライマーで塗装面を浸透させ固めます

 

m009.JPG

 

ローラー塗りで塗りこみます

素地が固まるまでプライマーが浸み込みます

 

 

中塗り

水系のフッ素の専用の中塗り材です

上塗り材の付着性を良くします

メーカーの仕様と塗布量を守ることが大切です

 

m011.JPG

 

ローラー塗りで既定の塗布量を守ります

 

m012.JPG

 

上塗り

上塗りは2回行います

 

m013.JPG

 

 

この現場は No.6 赤さびと言うカラーを採用しました

 

m020.jpg

上塗り1回目

 

m014.JPG

 

上塗り2回目

 

m015.JPG

 

塗装完了です

 

m016.JPG

 

超耐候水系フッ素樹脂屋根塗料を採用しました

高い品質と実績は長期間の『きれい』を保ち、屋根の劣化を損なう劣化、防カビ、防藻から守ります

お客様に安心していただける屋根のメンテナンスが出来ました

 

 

屋根瓦が崩れた

 

Before

P1000063 (0) - コピー.JPG

 

 

東北の大地震は関東地方にもかなりの影響がありました

地震直後は都市のインフラが乱れ その後に影響のあった部分の復旧

一度に材料の手配や専門職が集中したためにしばらく手に負えなくなる事になりました

こういう時に普段の職方との繋がりを特にありがたく思いました

 

After

067 - コピー.JPG

 

コロニアル屋根の塗装工事

コロニアル屋根の塗装工事です

コロニアル瓦の経年経過による劣化と汚損とカビと埃等を除去するために

ケレン清掃をした後に高圧水で洗浄します

高圧水の水圧は素地の傷み具合を見て調整が必要です

屋根1.JPG

屋根の塗装する部分がきれいに洗われました

ここで屋根の総点検をします

1. コロニアル瓦の状態

割れていたり、ずれていたりしたらチェックします

 

2.棟押えや水切り部材のトタンの点検

固定状態を触って強度を確認します

重ね部分のシーリングの劣化や剥がれている部分を確認します

 

3.屋根の上にあるものを確認します

テレビのアンテナ・トップライト・棟換気口等の状態を確認します

 

屋根2.JPG

 

割れているコロニアル瓦が点在していました

この他に念のため棟抑えトタンはビス固定の補強をします

 

屋根3.JPG

コロニアル瓦を塗装するとコロニアル瓦の重なっている部分が密着します

そうすると毛細管現象で雨水を吸い上げる恐れがありますので

隙間をあける専用のスペーサーを用意しました

屋根4.JPG

タスペーサー

平板の屋根材の再塗装時の縁切り部材です

これを等間隔で打ち込みます

屋根5.JPG

 

割れたコロニアル瓦を取り替えました

 

屋根6.JPG

これで塗装前の準備は終わりです

屋根8.JPG

 

鉄部やトタン板は2液のエポキシ樹脂のプライマーを下塗りします

錆止めと上塗材の付着強度を上げる効果があります

 

屋根9.JPG

屋根の専用の塗料です

関西ペイント

ヤネ強化プライマーEPO

経年経過による劣化した屋根材の素地補強と上塗材の付着強度があがる効果があります

素地面によっては複数回塗る場合もあります

屋根10.JPG

仕上げ塗料は弱溶剤系のシリコン樹脂塗料です

他に水性のシリコン等塗料もありますがその効果と強度の差はかなりあります

当社はいつもこれにしております

関西ペイント スーパーシリコンルーフペイント

特徴

1. アクリルシリコン樹脂を用いていますので2液のポリウレタン樹脂塗料と同等以上の耐候性と耐久性を保持します

2.速乾性で塗装後の結露や降雨による白化がおこりにくく、施工時間が延長できます

3.1液のため塗料ロスが無く、つかい勝手が優れています

4.塗料用シンナーで薄めることができるため、旧塗膜を侵しません

 油性・合成樹脂系錆止めの上に塗り重ねができます

 

屋根11.JPG

下塗りにヤネ強化プライマーEPO

上塗にスーパーシリコンルーフペイントを2回塗りました

今回の塗装色は薄めのグレーを選択しました

夏の輻射熱の吸収は濃い色に比べると少ないのでエコな屋根塗装となりました

 

しっかりと塗る

台風18号の屋根被害 点検と緊急補強を行いました

今年最大と言われた台風18号

世田谷区でもその屋根被害の連絡が多数ありました

緊急で点検と補強工事をしました

 

P9170316 - コピー.JPG

 

これは台風18号でめくれ上がった屋根の一部です

トタンの先端にしか釘が打った形跡がありません

抜けやすい釘も下地の木材が腐食していないのに更に壊れる要因になっています

一定間隔で釘が打っていないこともわかりました

 

P9170322 - コピー.JPG

 

これは抜けかかっている釘とすでに抜けている釘です

抜けやすい釘の使用は屋根が壊れやすいことになります

 

P9170327 - コピー.JPG

屋根の棟押さえのトタンの重ねている部分が浮き上がりつつあります

釘は抜けています

強風でこの金物が揺さぶられると壊れる可能性があります

 

急こう配の屋根のため全部の点検はできませんが

壊れている部分の緊急補強はできました

 

暴風雨に備えて屋根の点検を無料で行っています

築20年を超える建物は特にお薦めします

 h10.jpg

 

h326.jpg

保険申請で修理しました

→続きを読む

車の運転を誤ってバックで自宅にぶつかりました 保険対応で修理しました

image1.JPG

車の運転を誤ってバックで自宅にぶつけています

保険会社の依頼で調査しました

P1240333.JPG

ウッドデッキが壊れることで家の土台への影響はほとんどありませんでした

image2.JPG

 

ウッドデッキの跳ね返りで掃出しのアルミサッシの障子と網戸は壊れています

 

P1240376.JPG

 

土台付近の外壁はひび割れ程度で済んでいました

 

P1240461.JPG

 

アルミサッシの窓枠は調整だけで治りそうです

 

P1240392.JPG

 

自動車の対物保険では自宅の適用はありません

家の損害保険で対応することになりました

 

h03.png

 

当社で保険に必要な提出書類の資料を作成しました

 

外壁のひび割れ補修

 

P2110004.JPG

下地調整

ケレン・清掃

P2110005.JPG

 

素地調整

シーラー塗布

P2110007.JPG

 

ひびわれ補修 その1

ひび割れている部分に微弾性フィラーで補修

P2110010.JPG

 

ひびわれ補修その2

塗装報酬する範囲に微弾性フィラーを塗布

P2110026.JPG

 

上塗り1回目

P2110033.JPG

 

上塗り2回目

P2110040.JPG

 

ひび割れ補修は完了です

P2110043.JPG

 

掃出しのアルミサッシの修理

現場を詳細に調査してアルミサッシの障子と網戸を特注して製作

P2140004.JPG

 

アルミサッシの窓枠を調整します

P2140008.JPG

 

窓枠の変形は微細で済んでいたのは幸いです

P2140012.JPG

P2140015.JPG

 

アルミ製の障子と網戸を取り換えます

P2140021.JPG

 

建具を調整して修理は完了です

P2140030.JPG

 

P2140033.JPG

 

保険対応で修理しました