世田谷区奥沢のアサクラハウス 新築・リフォーム・耐震補強・防犯対策・かしこいECO・塗装・防水いろいろご相談ください

アンテナ支持柱

 

実は携帯電話の基地局の建設工事をやっておりました

鉄塔の新設・改造

ビルの屋上や塔屋に鋼管製のアンテナ支持柱の新設

これは事前にビルの構造や現状を調査して法的に許容される範囲と建物を利用されている方たちの利便性を配慮して各種の電波の障害等を検討して、構造的に安全な設計をします

建物に関しては防水の対策もいたします

工事は 高所作業が伴うために安全と品質の管理がとても重要です

 

屋上の自立タイプや壁付のタイプ

 

 016 - コピー.JPG019 - コピー.JPG

地上の鋼管柱の自立タイプ又は簡易的な鋼板の既製品の積み上げタイプといろいろ設計・施工ができます

コンクリートの既製柱の施工もできます

地上の自立タイプ

jj6uuh-img400x600-13274938671s9frz89798.jpg

ご要望がありましたらご相談してください

 tpoint2.jpg

 

JRの車窓から見える鉄塔

唯一 自分が現場で工事管理をしたものです

高さは50メートル

 

P1000397.JPG

 

通常の鉄塔建設工事 レッカー車で組み立て作業ができる鉄塔は いつもの鉄塔部隊で管理をしていました

なぜ この現場の担当になったか

実は ここは河川敷で河川沿いの道は狭くて一部道路をくぐる部分があるから大きなレッカー車が侵入できません

スカイツリーと同じ現地で組み立てながら塔体を組み立てるタワークレーンの工事計画です

 

元受けの会社で同じタワークレーンで大きな事故を起こしていました

そのためすべての鉄塔の建設が中断され 会社全体で安全対策の見直しをしておりました

 

この工事は工事再開後で同じ工法の初めての新設工事の現場になりました

元請け会社の必要以上の安全対策と安全管理の中で自分が担当することになりました

緊張の続く工事現場で自分が一番大切にしたのは工事現場にいる仲間の信頼でした

頼りにしている職方がしっかり仕事をすればそれで良いのです

あまり ガチガチの施工管理はかえって良くなかった

初めての鉄塔建設はこれが最後になりました

後はいつものビル局の施工管理に戻りました